大物狙いの方おすすめプラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
あまり釣られていないポイントを選べば意外と近くに大物が生息していたりします(底物)

大物狙いの方へのおすすめプラン

沖縄本島西海岸側東シナ海側からの出港の場合はなるべく遠征オプションをお選びください(大物との遭遇確率が違います)

とにかくサイズを求める方は→トローリング+α
行きにトローリング+遠征先で底物の大物狙い+帰りにトローリング

帰りだけトローリングを試してみたい方は追加料金10000円でチャレンジできます

大物狙いを高確率で狙いたい方は→一日チャーターの遠征
遠征+ジギング又は泳がせ又は喰わせサビキでの底物の大物狙い

確実性を捨てても超大物を狙いたい方は→トローリングのみ
ひたすらトローリング

トムトムの船長にとってグルクンやオジサンは等は大魚の餌です、大物狙いのお客様には、小さな小魚が入れ食いして大魚の気配が無い場合は、ポイントの移動をお勧めしています。

ミドルサイズのお魚は、潜り漁の漁師の格好のターゲットですが、大きいサイズは危ないので狙わないそうです。、、ということは、、、、他の船があまり釣りをしない場所であれば、意外と近くに大物が生息している。潜り漁の漁師が大物をよく目撃しているそうです。
ならば、どうやって、食いつかせるか?食いつかせて、取り込むか?あとは、お客様の運と技量次第。

一日のフィッシングで大物の食いつきが全くない日のほうが少ないです。
ブログで確認してみてください、今までけっこう取り逃がしています(取っていれば減っていなくなっているかもしれませんが、ほとんど逃げられているので、色々なポイントに大魚が残されています)。

太平洋側の出港場所は、出港してから20分以内の場所にも大物が生息しています。