五目ライトゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
軽量高性能ロッドとリールを使ってあの手この手で小魚ー中型高級魚数狙い

下記リンクの動画3つは編集せずノーカットなのでリアルな様子がわかると思います
釣れたシーンだけ集めて釣れていない時間をすべてカットすればずっと入れ食いに見えるはずですが、
餌なしフィッシングの動画
落とし込み泳がせ釣りでお魚ゲットの動画
落とし込み泳がせ釣りで大物に逃げられる動画

高感度高性能ライトタックルと丈夫なサビキ針を使って、餌なしでもお魚が釣れるポイントで、あの手この手でフィッシングゲームを楽しんでもらいます。

餌なしサビキング、餌ありおかず狙い、釣った小魚で泳がせ釣り、そして、全ての針に小魚を食いつかせるパーフェクトゲーム。

 クルーザーフィッシングトムトムでは、小物狙いをゲームとして楽しむための楽しいフィッシングスタイルをサービス提供しています。案内するポイントは餌ありなら5秒以内にアタックがある場所。餌なしでも釣れる場所です。そこで釣れすぎたら早く飽きてしまうので、それを避けるためにより楽しめるゲームプランを考えました。
 ポイントについたら、先ず初めに餌なしでサビキ針を動かしてもらいます。動かし方は、海底で生きたエビが元気よく逃げるように。カワハギ釣りのタタキと同じ感じです。動いているときは食いつきませんが、一瞬動きを止めた瞬間に餌もついていない針に小魚が食いついてきます。よく食いついてくるお魚は、オジサン、エソ、リュウヒメジ、トラギス、ハタ、ベラ、シロダイ、ホオアカクチビ、等です。根がかりが多いポイントに案内していますので、一瞬動きを止めたらおもりを海底から素早く上にあげて、今度は、上からじらすようにゆっくりと仕掛けが海底につくまでおろしていきます。この落ちてくる動きによく食いついてくるお魚はハタ、メガネモチノウオ、シロダイ、ホオアカクチビ。お魚の活性が高い場合は、餌なしで、カワハギも食いついてくることがあります。この、餌なしでのフィッシングで狙うのはなるべく小さいサイズのお魚。後で大物狙いの餌にします。
 最初の餌なしフィッシングで十分な数の餌用の小魚を確保することができたら、もしくは、餌なしで全く釣れる様子がなかったら、次は餌を使います。狙うは、晩御飯のおかずになるお魚。使うエサは、オキアミ、キビナゴ、そして、さっき釣った小魚。同じ仕掛けで小物狙い、おかず狙い、大物狙い同時に狙います。サビキ針は6本ついていますから、同じ仕掛けでいろいろと試しましょう。釣れるかもしれない大物は、シロダイ、ハタ、青ヤガラ、アジ、青チビキ、巨大カワハギ、メガネモチノウオ、マルクチヒメジ。レンタルタックルは高性能のロッドとリール仕掛けは丈夫な5~6号のハリスを使っていますので、35㎝位のお魚までは、無理に強く巻かなければ上がってきます。40㎝位のお魚が相手だと、針が抜けたり、ハリスが切れたり、穴に潜られたり、かなり慎重に、上手にやり取りができた場合だけお魚を上げることができます。青ヤガラが相手であれば、何度も糸を引き出されますが、根に潜ったり、ハリスを切ったりしませんので、口切れしないように慎重やり取りすれば、2m位のビッグサイズを釣り上げることができます。
 そして、小魚はよく釣れるが、大物のアタリがなさそうであれば、今度は、餌なしで、6本のサビキ針全部に餌サイズの小魚を食いつかせるようにチャレンジしてもらいます。6本のサビキ針全部に小魚をそろえることができれば、パーフェクト達成。達成できれば沖縄のお魚ファイルフォルダを進呈します。これまで、パーフェクト達成できたお客様は3人だけ、船長もまだ達成できていません。ほとんど、大物のアタックを受けてパーフェクトを阻止されます。もちろん、上げきれるサイズの大物が来れば、パーフェクトは達成できませんが、大物はゲットできるかもしれません。