トムトムで体験できるユニークな釣り

このエントリーをはてなブックマークに追加
トムトムに乗船されるお客様は、ほとんど沖縄県外からいらっしゃっています。
全国いろいろなところで釣りをしているお客様が多く、「せっかく沖縄に来たんだから、普段と違う経験したことのないような釣りがしたい」、、、このようなご要望をよく聞きます。
このようなご要望に応えるために、あちこちポイントを探し、仕掛けを改良し、考案し、他と違ったユニークな楽しい釣り体験ができるように日々努力しました。ここでは、おおざっぱですが、トムトムでどの様な新鮮な釣り体験ができるのかを説明します。

いろんな種類のきれいな魚
 これは、いわゆるトロピカルフィッシングという名前がついていて、トムトム以外でもいろんな船で体験できます。釣り方としては、一般的には複数の針がついたサビキ針という仕掛けに小さなオキアミを付けて釣る釣り方で、一番多くの種類の魚を釣ることができます。五目釣りという釣り方です。沖縄の遊漁船で一番ポピュラーなのは船をアンカーで止めてオキアミの撒き餌で魚を集めるグルクン釣りですが、こちらの釣り方は、若干釣れる種類が少なくなりますが、グルクンの群れに当たると大漁になることが良くあります。但し、グルクン釣りは、沖縄県外でのアジ釣りやサバ釣りと釣り方や釣り味はほとんど一緒ですが、釣れる魚はグルクンというカラフルな魚です。トムトムでは、このグルクン釣りよりも数多くの種類の魚を釣るために、船を止めないでいろんなポイントへ移動してできるだけ多くの種類の魚を釣る努力をしています。

よく釣れる
 沖縄では、沖縄県外に比べて遊漁でのいろいろな釣り方がまだ未発達な傾向にあり、ほとんどの遊漁船がグルクン釣りに集中しているので、幸いなことにまだあまり釣られていないポイントがあちこちに点在しています。トムトムでは、このようなよく釣れるポイントを日々探していて、小さい仕掛けを使うならば、餌を海底に下すと、仕掛けのおもりがそこにつくかつかないかのタイミングで餌が襲われ、5秒以内に餌がとられるか魚が釣れるかするポイントへ案内しています。グルクン釣りで絶好調な時ほどの入れ食い状態ではないですが、釣れない時間がほとんどないため、とくに初心者やお子様が乗船した場合、飽きることはなく、最初から最後まで釣りを楽しむことができます。ポツリポツリとずっと釣れ続けると、野球で毎回1得点したみたいに、終わってみれば大漁になっていることがほとんどです。
 普段で、あまりにもよく釣れる傾向があるので、最近では、餌を使わずに針を上手に動かして魚を釣るゲームを推奨しています。多少コツが必要ですが、天気がいい日に、やり方をマスターできれば、餌釣りよりもよく釣れる状態になることもあります。トムトムでは、餌がなくても釣れそうなポイントを日々探して案内しています。

美味しい
 トムトムの船長の趣味がもともと釣ることよりも食べることにあったので、いつでもおいしい魚を狙い続けています。船長の頭の中では、勝手にグルクンを一番下のランクに位置付けて、グルクンよりおいしくない魚は食べられない魚にランキングしてしまっています。そして、マグロをもグルクンと同じランクに、、、。ですから、狙うは、もちろん、マグロ、グルクン以上の超高級魚。一番狙っているのは、沖縄の際高級魚アカジンミーバイ。それ以外にも、いろんな種類の珍しいおいしい魚が沖縄には生息しています。グルクンは、釣らなくても、居酒屋で注文すれば確実に食べれます。マグロは沖縄に来なくても食べれます。沖縄ならではのもっとおいしい魚を狙ってみては?

大きい
 トムトムの船で狙っている大物のサイズは、パヤオで平均的に釣れるマグロやカツオを小さい部類に考えてしまっています。狙うは、PE5号で勝負になるかならないかの世界から、、。めったにヒットしませんが、GTは100lbのラインをぶっちぎることもあり、底物では、アーラミーバイは20㎏を超えたやつが襲ってくることもあります。極めつけは、トローリングでチャレンジするカジキ。これを確実にものにするには沖縄に何回も通う羽目になるかもしれませんが、大きいものは200㎏オーバー。でも、あなたの運が良ければ一回の釣行でものにできるかも?一日中のトローリングはボウズを覚悟できる人以外にはお勧めしませんが、遠征ポイントへの行と帰りに移動ついでにライトな感覚で狙ってみるのもいいかもしれません。高速移動しながらのトローリングであれば時間も無駄にしないでチャレンジすることができます。
大きいサイズの魚を釣るのに、多少確実性を求めるお客様にはミーバイ(ハタ)釣りがお勧めです。餌に食いつくなりいきなり穴にもぐるので難易度はかなり高いですが、潜んでいるところが大体決まっていますので狙いやすい魚です。この魚をターゲットにすると一日に数回アタックがあるのが普通ですので、大物釣りを満喫することができると思います。但し、上げられるかどうかはお客様の技量と体力と運しだいです。釣りに確実性を求めるお客様は、タイミングのいい季節に他の船でパヤオに行くことをお勧めします。

エキサイティング(金魚すくいの考え方で釣りを楽しむ?)
 釣りはゲーム。漁ではなく楽しみのためにやるものと考えていますから、お客様の技量が優れている場合には難易度の高い釣りをお勧めしています。
 小物釣りでは、仕掛けを入れて5秒で餌をかっさらっていく餌取りとの対決。一番強烈な相手は通称デビルと呼ばれる沖縄独特のカワハギ。この魚、図体はでかいくせにかなりの餌取り名人、カワハギ釣りに自信があるお客様がコテンパンにやられます。
 大物釣りは、アタックしてくる魚がかなり大きいことがあり、大物体験が少ないお客様はかなり手こずることになります。魚のサイズが大きすぎるとハリスが切られることはもちろんですが、針が皮にしかかかっていなければ、簡単に口切れしてしまい、、。そして、沖縄で一番厄介な大物はアーラーミーバイと呼ばれる大型のハタ、この魚、いつも穴に潜んで、獲物が目の前を通ると一気に獲物を丸呑みにして、一瞬で再び元の穴に戻ります。勝負は一瞬、竿を手持ちにしておかないとほとんど勝ち目はありません。そして、腕に自信のあるお客様には、喰わせサビキの釣り方をお勧めしています。かなり細い仕掛けでまず小魚を釣り、そして、その小魚を丸呑みする大物を狙うんですが、太い釣り糸を使うと餌の小魚を釣ることができませんから、必然的に細い釣り糸を使うことになるんですが、使う糸が細いせいか大物の喰いつく確率はかなり高いです。が、針も大きくないですから、針が外れたり、ラインを切られたり、、、。この釣り、とにかく強引な巻き上げは厳禁。魚が強く引くときにはロッドを走っていく糸の方向に送り出し、魚の動きが鈍った時に、ロッドを起こして、ポンピングの要領でロッドを戻しながらリールを巻き、またロッドを起こして、、、魚が走ったらロッドを糸の方向に送り出し、、、。魚とのやり取りを上手に楽しまないと上げることは難しいです。この釣り方、同じ日に何匹もの大物に逃げられることになると思いますが、個人的には一番楽しい釣り方だと思います。

以上、紹介した内容は、沖縄以外でもチャレンジできるところもあると思いますが、未だ遊漁が未発達な沖縄だからこそ、楽しめるポイントがたくさんあると思います。

ここで紹介した釣り方ではなく、一般的な、ジギングや、キャスティング、テンヤ釣りもお勧めポイントがいっぱいあります。遊漁が未発達な沖縄ではまだあまり攻められていないポイントが多く、そして、沖縄ならではの変わった魚が良く釣れますので、マイタックル、マイ仕掛けで沖縄での釣りをチャレンジしてみたい方はご相談ください。

沖縄の魚は、大きい、よく釣れる、珍しい、きれい、おいしい、、だと思います。
沖縄のグルクン釣りに飽きた方は、トムトムの船でいろいろな釣りにチャレンジすることをお勧めします。