ファミリーフィッシングゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
クルーザーフィッシングトムトムはファミリー向けフィッシングが得意です。
本気でファミリー初心者向け対応しています
一般的にはファミリー向け=グルクン釣りOR五目釣り(トロピカルフィッシング)と考えていると思いますが、クルーザーフィッシングトムトムは別のアプローチで楽しさを演出します
フィッシングを、魚を取る漁ではなく、魚を相手にするゲームだと考えれば、意外と面白いゲームの対象魚が多く存在していることに気づきます。沖縄の沖釣り=グルクン釣り、もしくは、グルクンを生き餌にした大物狙いと理解されていて、ほとんどの釣り師がグルクンの釣れるポイントに集中していますから、グルクンのいないポイントが手つかずの状態で残ってたりします。幸いなことに、このグルクンが釣れるポイントは、場所がほとんど決まっていて、多くの乗合の遊漁船が一カ所に張り付いている状況になっています。クルーザーフィッシングトムトムでは、グルクンのいない手つかずのポイントを上手に利用して、楽しいゲームフィッシングをお客様にサービス提供しています。
どうしてもグルクンを釣りたいお客様には、グルクン釣りの案内も致します。

餌なし小針ゲーム(魚影の濃い特別ポイントで熱中フィッシング)

クルーザーフィッシングトムトムでは、小さなお子様や、釣り初心者向けに、だれでも簡単に確実にたくさんの魚をゲットできるポイントを多数探してあります。その、グッドなポイントでは、魚が多く、しかも食いつきもいいので、魚を釣るのに餌を必要としません。餌なしで釣れる魚の数は、一時間につき1人5匹前後。餌を使わないので、あの釣り餌独特の臭いにおいもなく、釣れた魚は船長にお願いすれば、全て船長が針を外してくれるので、手を汚すこともなく、優雅に釣りを楽しむことができます。臭い匂いが苦手な人でもフィッシングは楽しめます。
通常の餌釣りは、餌が針についているかを時々チェックしたり、また、餌をつけるために仕掛けを巻き上げたり、餌をつけた後に仕掛けをはずす間は釣りをしていない時間になります。また、もし、餌がついていないのに、チェックもしないで仕掛けを下しておくと、その間は全く釣れず、結果的に釣りをしていないのと同じ状態になります。つまり、餌釣りは、意外と釣りをしていない時間が多く、また、初心者やお子様にとっては、餌をつける行為が結構面倒くさいです。餌なしのフィッシングは、餌がついていませんから、仕掛けを上手に動かして魚を魅了するテクニックを要求されますが、仕掛けを海底に下して釣りを開始すると、魚が釣れるまで、餌のチェックも餌の取り付けも、仕掛けの上げ下ろしも必要ありません。もともと、餌を使わないことで釣れる確率を多少落してはいますが、餌釣りよりも釣っている時間は断然長くなります。何匹か釣れて、上手になってくると、人によっては、餌釣りよりも餌なしのほうが数多くの魚を釣り上げることができるようになります。テクニックを磨いて、より多くの魚をゲットするところが、ゲームとしては非常に面白いです。この、テクニックの部分は、餌なしのほうが餌ありよりも、初心者にはわかりやすいような気がします(この辺は、やってみると実感できると思います)。
このゲーム、小さな針を使って、誘いをかけて、魚に食いついてもらうところから始めますが、誘いが上手になって魚が良く食いつくようになり始めると、魚が食いつく確率を上げるために小さな針を使っているために、次々と食いついた魚に逃げられます。針が抜けてしまうのです。魚に逃げられないようにするためには、釣り糸のテンションを一定に保つためのテクニックが要求されます。ここまでの説明で多少難しく感じるかもしれませんが、お子様でも、初心者でも、半日の釣行で、コツをつかんでしまいますので心配することはありません。
このゲームは小さめの針を使って主に小魚をターゲットにしたゲームですが、時々大きめの魚が食いつくことがあります。食いついた魚が大きければ大きいほど小さな針は抜けやすく、ゲームを制するには針抜けを防ぐための高等テクニックが要求されるようになってきます。食いついた魚が大きければ大きいほど、難しくなってくるわけですから、スリル満点、大きな魚に糸を切られたり、針が抜けたりすると、逃がした獲物が大きいだけに、お客様はかなり悔しくなるみたいで、かなり早い段階でお客様はこのゲームに熱中し始めます。
餌なしでも、十分な数の魚が釣れる場合は、ほとんどのお客様が餌は使わない方法を選択しています。但し、時には、餌なしでは魚の食いが悪いこともありますので、餌は準備してあって、必要であれば餌を使うことはあります。

入れ食いポイントでの餌ありゲーム(餌ありで魚が釣れた感覚を味わう)

上で説明したポイントと同じ場所で、小針に餌をつけて楽しむのがこのゲームです。
魚が多い場所で、食いつきもかなりよく、仕掛けを海底に下すと、ほとんど5秒以内で魚が餌を攻撃してきます。それで、だれでも簡単にほとんど何もしなくても釣れるかというとそうでもなく、使っている針が小さいので、餌だけ取られたり、針がかりしても抜けてしまう状況のオンパレード。
そう、これも、ゲームフィッシングなんです。
このゲーム、意外と釣りを多く経験している人がかなり苦戦してしまう傾向にあるようです。とくに、釣り等でフナ釣りや鯉釣りを経験している人は、魚が針に触るのを感じると瞬時に体が反応して魚をフッキングさせてしまおうとするんですが、相手の魚が小さいと、これをやると、針がかかる確率が逆に下がってしまい、さらに、かかったとしても、針が抜けやすいので、合わせで竿を振り上げて、そして、リールを巻くために竿を下した瞬間に釣り糸のテンションがなくなって針が抜けてしまうんです。それか、もしくは、ハリスが切れたり、魚の口がきれたり、、。このゲームは、上級者に不利なゲームになります。
入れ食いポイントで短い時間の間に数多くの魚を逃がしてしまうことになりますから、最初は、悔しさ満点ですが、食いつく魚が多い分、コツをつかむのも早く、帰るころには釣れた魚を巻き上げるテクニックに関してはかなりのエキスパートになって帰ることになります。トムトムの船に乗船したお客様が、地元に帰って、釣り友達の誰よりも釣果を上げれるようになったというお話をよく聞きます。

デビルゲーム(餌取りの超名人、釣り人の宿敵デビルと対戦する)

このゲームの対戦相手はアカモンガラ(通称デビル、ドラキュラ),沖縄の釣り師達からかなり嫌われている存在の魚、なぜかというと、沖縄で最もポピュラーなグルクン釣りをしているときにこいつが現れると、グルクンが全く釣れなくなり、さらに、この魚、かなりの餌取り名人で、釣り師たちがコテンパンにやられてしまうからです。沖縄のほとんどの釣り師がグルクンだけを狙っていますから、この魚が現れると、ゲームセット、にっくき悪魔の到来というわけです。
このデビル、食べてみるとかなりおいしく、さらに、引きも強く、釣りのターゲットとしては最高だと思うんですが、普通は釣果を少なくしてしまう存在ですから、みんな避けてしまうみたいです。
さて、この超難敵デビルを倒すのがなぜ難しいかというと、そのエサ取りの能力がずば抜けて高く、東京湾でカワハギ釣りをよくやっている釣り師でも手こずる相手です。一番問題なのは、この魚の口の中がかなり固く、ほとんど針が突き刺さらないところです。針が刺さりませんから、どんなにうまいタイミングで合わせてもほとんど無駄なんです。でも、口の中に針が刺さらないことを理解すると攻略しやすくなります。どんなに餌取りが上手な魚でも、時々口に針が引っ掛かります(刺さってはいない)から、その引っかかった状態を維持したまま、船べりまで巻き上げてしまえばいいんです。少しでも糸がゆるんだら、その段階で針が外れますから、最後まで慎重に慎重に、適度なテンションで、適度なスピードで巻き上げて、最後は、タイミングよく一発でタモ入れをすれば、超難敵の相手を制圧することができます。
釣りのテクニックに自身のある方は、一度、沖縄の超難敵デビルと対戦してみてはいかがでしょうか?