深場・太刀魚(ドラゴン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
深場、太刀魚
深場は、仕掛けをおろす時間が長くて、巻き上げる時間も長くて、おまけに使っているおもりが重いので、とても手では巻いてられないので電動リールを使います。手巻きで20~30分思いおもりを巻き続ける体力と動機をお持ちのお客さんがいれば、手で巻いてもらってもいいですが、それはあまりお勧めしません。釣っている時間が短いのと、魚の数が少し少なくなるのと、あたりが分かりずらくなるので、釣り好きの人からするとあまり面白くないかもしれませんが、釣れる魚が、どれも大変おいしい高級魚ばかりなので、グルメファンにはたまらない釣りになります。うがん丸船長はグルメファンですので一人で出漁するときにはほとんど深場に行き、大きい魚はセリに出し、深場で釣れてしまった小さい魚は、そのまま返しても生存率はかなり低いと思われるので供養のために自宅でおいしくいただいています。場所はほかの船に特定されたくないので、細かいことはここでは言いませんが、ポイントエリアが小さい場所がほとんどなので、釣りに行くエリアをかなり広めに考えていて、北は伊計島から南は喜屋武岬あたりを対象にしています。水深は浅いところは100m、深いところは400mになります。シーアンカーは使わず、おもりを通常よりも軽めにしてスパンカーを活用しての釣りを行います。ディープゾーンでカンパチをジギングで狙うのも面白いかもしれません。釣れる魚は、大型のエソ、ビタロー、小さい深海サメ、レンコダイ、マーマチ、アマダイ(沖縄のは赤じゃなくて黄緑色)、アカマチ、カンパチ、太刀魚(タチウオ)。太刀魚は水深200~500で、このエリアの中で数か所のポイントに生息しています。深い場所の太刀魚なので、全部大きくて、どれも指5本の幅、体長120㎝以上、1kg以上です。こちらでは、昼間の明るい時間帯に狙います。太刀魚入れ食いシーズンは、冬です、春から秋は、同じポイントのサメの活性が高くなるので、シャーク&時々ドラゴンになります。