クルーザーフィッシングの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
(((開業したばかりで写真がないので、文字だけで紹介します)))
####漁船と同じではありません、メリットがあります。。デメリットもありますが、、、。
◎釣り以外の魅力
・かっこいい(釣れていなくても、記念撮影をして友達に自慢できる)
・クルージングが気持ちいい(ヨットにはかないませんが、ポイントまで気持ちよく移動できます)
・会話ができる(エンジンン音が静かなので、普通の声の大きさで会話できます)
・接待に使える(船の中で商談できます。会話しにくい他のタイプの船を使いますか?)
・トイレ付
・女性を誘いやすい(クルーザーに乗る?の方が沖釣りする?よりいいと思います)
・速い(海が静かなら時速40㎞/hで滑走します)
・臭くない(これで、少し船酔いしにくくなるみたいです)
・船室でくつろげる(大きめの船室面積がありますので、雨が降ってもつらくなりません)
・スピードを出した時の乗り心地が悪くない(飛び上がった後の着水が柔らかめなので不快になりにくい)
・予想外の天候悪化時に早めに逃げ切れる。

◎ゴルフと比較して
・安い(4~6人でチャーターすると、コース料金よりも安くなると思います)
・遊ぶ時間が長い(一日チャーターすると7時間です)
・おいしいお土産がある(おうちのご家族に最高のごちそうは如何ですか?)
・練習しなくてもいい(初心者が玄人に勝てるチャンスがあり、誰もがたのしめます)
・誰でもできる(接待などに如何ですか?)
・やっていない人に話しやすい(ゴルフのスコアなどは、数値を聞いても未経験者にはさっぱりわかりませんが、大きな魚を釣った時など、釣った魚の大きさを手を広げて見せれば、誰でもわかります)
・自慢しやすい(釣った魚を写真で撮って、後で見せつければいいんです)

◎釣りの時の魅力
・ポイントへの移動時間が短い
・釣りをする時間が長くなる(特に遠征した時顕著です)
・運動能力が高く、小回りが利く
・大物との格闘に有利になる(細めのラインを使うときに上の運動能力が発揮されます)
・カジキの釣りはやっぱりクルーザー

###この下に、正直に欠点も紹介します。これが致命傷であるなら、漁船の選択をおすすめします
◎漁船に使った時のデメリット
・魚を保管するスペースが小さい(大量に魚を釣って保管することができないので単価が安い魚を大量に狙うのはNG:これが最大の欠点、旬の魚は、遊漁船としてはOKだが、漁船としてはNG、大漁はそもそも出来ない)
・見栄えが大事なので汚せない(内装、外装ともお金をかけてきれいにしているので、例えば、イカスミで汚れたクルーザーは想像もしたくない)

◎遊漁船としての欠点
・釣りをするスペースが少なく一度の多くの対竿を出すのが苦手(船の面積の多くが船室に奪われている)
・乗合いの遊漁船を運営するのは不利(人数制限がきついので、一人あたりの値段を安くするのが難しい)
・外海で止まった時に揺れやすい(トローリングなどして走っていれば揺れないんですけどね、、)