10/28、近場の短時間釣行、青ヤガラやムルー多数ゲット

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/28、半日午前の釣行、お客様の港への到着30分以上遅れ。レンタカーのカギをなくしてしまい、急遽タクシーでマリーナ到着。朝、レンタカーのカギを一生懸命探したが、見つからなかったとのこと。とりあえず、気を取り直して、フィッシング。40分短縮になってしまっているので、いつもの半日ポイントへ行ってしまうと、釣りをする時間がかなり短くなってしまうので、今回は、一番近くのポイントから少しずつ遠くに行く作戦(いつもは、遠くから近くへ移動のポイント移動)。最初のポイントは、最初だけ釣れてすぐに無反応。ポイントが狭くて、なかなか、釣果アップしない。次のポイント、うねりが大きい、少し酔い始めているお客様にはつらそうなので、パス。そして、2番目のポイント、どうにか釣れはするがかなり渋い。3番目のポイント、ここも、一応釣れるが、渋い。波が穏やかな静かな天気だが、入れ食いモードに入らないので、船長焦り始める。時間が短くなっているので、すぐに判断しないと、、、、。直観を信じて、少しだけ遠くのポイントへ移動。お願い釣れてちょうだい。そして、徐々にムルー(ホオアカクチビ)を中心に釣れ始め、そして、強烈な引きの青ヤガラがガツン!そして、釣ったばかりの小魚が横取りされる。大物の感じ。何度か生き餌が襲われて、そして、釣り時間終了。最初釣れないモードだったので、焦りましたが、ポイント移動を繰り返して、最後は、ムルーを中心に大漁の一歩手前。お客様船酔いしたりしなかったりでしたが、一応満足状態で変えることができました。今回は、なかなか釣れない状況の中、ポイント移動を繰り返しての悪あがき戦法、なんとか成功することができました。あきらめないでよかった。

トムトム名物青ヤガラ

トムトム名物青ヤガラ

2016年10月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin