10/15、強風で午前欠航午後出港、ジギングに大きなアタリがありましたが、、

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/15、活発な前線の影響で午前中強風高波そして強烈な雨、安全を優先して午前中欠航、お客様はマリーナの近くで暇つぶし。午後になり、風が弱まって晴れてきたところで出港。目指すはジギングのポイント。少し深いところでジギングをやりたかったんですが、風が強くて波が高めだったので、安全優先で島影の浅い場所を中心に、キャスティング、ジギング、餌なしサビキング、タイラバ、餌釣り混合。風の影響かキャスティングは最後までまるでダメ状態。底狙いでは、船長が餌なしサビキングでやってしまいました。25cmオーバーのシロダイ、しかも一番おいしいサザナミダイ。できれば、お客様の仕掛けに行ってほしかった。そして、ジギング、タイラバには無反応状態が続く中、餌なしサビキングはポツリポツリと釣果をあげていく。ミーバイ(ハタ)は休日か?風がつよいせい?そして、途中から、釣った小魚を餌に泳がせ釣りを開始すると。かじられたり、歯型をつけられたり、いつの間にか生き餌を持っていかれたり。大きいお魚は、食っては来るが渋い。餌なしサビキングが好調だったのでお客様持参のジギングサビキ仕掛けに、おもりに200gのルアー。餌なしのサビキ針に小さい魚がバクバク食いついてくる。調子に乗って楽しんでいるとその仕掛けにガツンと大きなアタリ。そして、無反応。どうやら、あの200gルアーが襲われたみたい。残念ながら単なるおもりの代わりに使われていたルアーは針なし。これではフッキングするはずなし。可能性があることが割ったので200gルアーに針をつけましたが。その後はアタリなし。釣果になった大きめのお魚は船長が釣ったシロダイのみ、少し厳しめの結果になりました。

2016年10月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin