9/24、近場で高級ミーバイ爆釣、アカジン54㎝、57㎝

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/24、上得意様のファミリーフィッシング、船酔い防止で波が静かな近場を中心に小魚をねらって、そして、それを餌に、、、。近頃台風の影響で欠航ばかりしていました。この日は、お客様の日頃の行いがよかったせいか、久しぶりの釣り日和。最初のポイントから、小魚の食いが良い。少しずつポイントを移動しながら、ミーバイ(ハタ)が多い場所を探っていくと、、、。最初は、まあまあの方のナガジューミーバイ(バラハタ)そして、お嬢様が船酔い休憩に入ったところで船長が代わりに小針を餌なしで振っていると、複数の小魚が食ってくる感触。お客様用の生き餌をたくさんゲットしたくて、すぐには上げずに追食いを期待して底付近をキープしていると、いきなりガツン!そして、すぐに糸が引きずり出され始めたので、根に潜られないようにすかさず糸を巻き取り、、。それでも、糸は引きずり出されていきますが、それよりも速いスピードで巻き上げ、お魚が長距離の糸の引き出しを始めたら、今度はスプール(糸巻き)を軽く指で押さえてドラグ力を強め、心の中でお願い切れないで、、使っている仕掛けはグルクン狙いの5号ハリス。金魚すくいの感覚で切れないように切れないように、糸が何度も出されてもそれ以上巻き取るように頑張って、頑張って、時間をかけて半分巻き取ったところでお客様にバトンタッチ。船長はタモを用意し、お客様は、糸が切られないように糸を持っていかれたり巻き取ったり、、、。そして、ついに、上がってきたのは、アカジンミーバイ54㎝。5号ハリスの落とし込み泳がせ釣りの新記録。これまでは40㎝のナガジューミーバイ(バラハタ)が最高記録でした。青ヤガラの最高記録は2mオーバー。そして、その次の大物はお客様持ち込みの泳がせ釣りタックルに50㎝近くのナガジューミーバイ(バラハタ)。十分サイズのごちそうがゲットできたので、今度はイカ狙いで沖縄本島近くのポイントへ移動。イカ狙いをしながら、ついでに泳がせ仕掛けを流していると、泳がせタックルがガツン!と曲がる、でも、そのまま、びくとも動かない、さては、根に潜られたか?仕方がないので強引に糸を切ろうとドラグをしめて手繰り寄せると、動き始めた。重さは残っている。さては、根から引きずり出すのに成功したか?またまた強烈に逃げようとするお魚を逃がさないように時間をかけて巻き取ると、上がってきたのはまたまたアカジンミーバイ(スジアラ)今度はさっきより大きい57㎝、2.5Kgお魚の尾の近くには歯型がついていました。さては、釣れたアカジンミーバイを襲ったもっと大きなお魚がいたのか?アーラミーバイ?それとも、サメ?お魚かじられなかったのでアーラミーバイのビッグサイズがいたかも?この日は、イカチャレンジはノーヒット、徹底的に大型高級ミーバイ(ハタ)の日でした。

近場でいつでもこんな感じだったらいいのにー。

アカジン54㎝、57㎝(2.5Kg) ナガジューミーバイも

アカジン54㎝、57㎝(2.5Kg) ナガジューミーバイも

 

9/24、近場で高級ミーバイ爆釣、アカジン54㎝、57㎝」への2件のフィードバック

  1. 念願のアカジンがGetできて大感激です。さっそく、刺身、煮付けにバター焼きで食べました。とても贅沢で美味しかったです。透明度の高い沖縄の釣りで家族全員、大満喫の一日でした。船長、ありがとうございました。次回はアオリイカのリベンジに挑戦しま~す。

    • あかじんゲットできたら、次から、美食への道、アカマチ、深海太刀魚、アマダイ、シロダイ、クチナジ、等、等、
      お天気の状態と相談しながら、今後も楽しんでいきましょう

コメントは受け付けていません。