7/4、泳がせで何度も生き餌を横取りされて、最後はドデカ青チビキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/4、この日のトローリングは行も帰りも無反応。泳がせ釣りは、最初、生き餌釣りにかなり苦労。釣っても釣っても、生き餌には大きすぎるか、ミニサイズミーバイ(ハタ)。数はよく釣れていたので、楽しめる状況にはありましたが、目的は、ビッグサイズだから、とにかくいいサイズの餌を、、。

ゲットできた生き餌の数は物足りなかったですが、時間をあまりつぶすわけにはいかないので、ポイントを変えて大物狙いの泳がせ釣りスタート。

そして、時々反応があると思ったら、生き餌がなくなったり、かじられたり。ミニサイズの生き餌が不足状態に陥ったので、大物狙いと同時進行で生き餌狙い。そして、時々釣れるのは美味しいサイズのお土産用の高級魚。それでも、どうにか、ミニサイズ生き餌をゲットして餌に使ったら、しばらくしてかじられ、これの繰り返しで、大物がフッキングしない。そして、帰り支度をしながらお客様とおしゃべりしていると、手持ちの大物ロッドにいきなりドカン。必死に抵抗するお魚と格闘しながら、時間をかけて巻き上げて、、上がってきたのはビッグサイズ青チビキ。

この後、お魚は料理してもらうために那覇の居酒屋へ。

この日のお客様、かなり腕は確かで、誘いがうまかったので、多くのミーバイ(ハタ)がアタックしてきました。

生き餌釣りには少し苦労しましたが、、。

もしかしたら生き餌狙いの大型魚が多く活動しているのかも、、。

生き餌を何度も横取りされて最後はどでか青チビキ

生き餌を何度も横取りされて最後はどでか青チビキ

2016年7月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin