8/12、強風釣行、島影で、、、泳がせゲットはできませんでした、、残念

このエントリーをはてなブックマークに追加

8/13、朝から、風が強かったので、チービシ島影に入っての釣行。最初の、泳がせ用の生き餌確保のための小魚釣りは、、、釣れる魚がことごとく、小さすぎる、、いい大きさの小魚がなかなか、釣れない、、時間はかかりましたが、粘りに粘って、どうにか、10匹を確保したところで、泳がせ釣り開始、、が、、かなり厳しい、反応なしの時間が、続く、、。ようやく反応があったと思ったら、小魚に歯形が残されるだけ、、、ガブッといかない、、。西風の強風の天気では、やはり厳しいか?船長が持っていた小物用の竿にようやく、大物のヒット、急いで、お客様とバトンタッチして、、慎重に慎重に船べりまで上げたのは、かなり大型のへヤガラ、、。タモ入れ仕様としましたが、タモに入らない、タモの直径の2倍以上の長さ、、、せめて、2倍以内であれば、タモに入れられたはずだが、、。仕方がないので、一か八か、釣り糸を手繰り寄せて持ち上げて船に乗せようとしたら、ボトッ、、痛恨の口切れ、、お魚は、悠々と海の底へ、、長さは130㎝は超えていたはず、、。そして、その後、何度が、生き餌がなくなったり、かじられたりを繰り返し、一瞬強烈な引き?すぐに根がかり、、?。無理やり引っ張って、引き上げてみると、生き餌無?アーラミーバイか?一瞬で根にもぐられた?そして、この日は、残念ながら、大物ゲットできずに終了時間になってしまいました。残念。

釣りは、天気に影響されるので、たまにこんな日もあります。

小魚は、どうにか、たくさん釣れてはいましたが、、。

 

2015年8月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin