1/1、元旦フィッシング、初めて乗船のお客様大満足。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/1、元旦フィッシング。風が少々強め、うねりが少し残る天気。マリーナを出て、右に行けば、波静か、小魚厳しい、でも大物狙いにはいいかも?左に行けば、小魚の食いは良好、波は少しありそう、大物は?。お客様との相談の結果、右の読谷側へ。釣り場に到着して、最初は、後で大物狙いをするつもりで、小型の生き餌狙い。状況はかなり厳しく、飽きない程度にお魚は釣れるが、どれも小さくない。大物狙いの餌ではなく、人間のおかず用のサイズばかり。しばらく、粘ってみましたが、状況は変わらないので、生き餌としては大きすぎるお魚しかゲットできていませんでしたが、ポイントを変えて、大物のいそうな場所へ。大物狙いと、小魚狙いの同時進行を始めると、意外と、ここで、小さいお魚が、食いついてくる。釣った小魚をすぐに餌にして、大物狙いも始める。生き餌へのアタックは一発のみ。何度かキビナゴ餌に大きいアタリが来るが、全部、瞬時に海底の根に潜られる。ここのポイントは相手が手ごわいので、別のポイントへ移動。移動した先で、さらに大きいお魚を狙い、大きな生き餌を使って、超大物タックルも使用。超大物タックルの生き餌は何度かおびえるような反応はしましたが、襲われることはなく、とうとう、時間終了。本日ゲットできた大きいサイズのお魚は60cm~80cmのアオヤガラ2匹。強烈な引きを見せたのは、ニザダイとカワハギ。超ビッグサイズはゲットできませんでしたが、お客様としては、お魚の数は十分で、手ごたえのある引きも楽しめたので、大満足。いつもは別の船への乗船で、ほとんど釣れない経験をしていたらしいです。次回も、また、トムトムの船に乗船することに決定みたいです。小さいお子様も一緒の乗船だったので、数釣りと、サイズのバランスがよかったらしいです。

1/2はかなり天気は良くなりそうな予報でしたが、予約をいただいていたお客様から電話。子供の発熱があったらしく、残念ながら、飛行機に乗れなかったとのこと。次の機会にまた予約したいということで、仕方なく、キャンセル。お大事に。トムトム船長、明日は、創業以来初めてのお正月を楽しむことにしました。

元旦フィッシング

元旦フィッシング

2017年1月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin